Menu

合宿免許は費用が安い!通学免許との違い

低費用で参加ができる

合宿免許の大きな特徴は、費用が安く設定されていることです。料金には教習費用のほか、宿泊代も含まれているにもかかわらず、リーズナブルな価格設定ですので、免許の取得費用を抑えたい人にとって好都合と言えるでしょう。また、合宿免許についてはプランを選べ、旅館やホテルなどの宿泊施設を利用しない場合は、さらにロープライスで参加できることもあります。アパートや宿舎を利用するプランですと、自炊が必要になることもあるものの、一人暮らしのような自由な生活を楽しめるのも醍醐味と言えるかもしれません。グループでの参加や、早めの予約をすることで割引が適用される合宿免許もありますので、工夫次第で最小コストでの免許取得を狙えます。

出会いやレジャーを楽しめる

生徒が沢山集まってくる合宿免許では出会いが生まれることも少なくありません。同じ目的を持つ者同士ですので打ち解けやすく、友達ができるケースも少なくないのです。相部屋プランなら和気あいあいと過ごせ、楽しい合宿時間を過ごせるかもしれませんね。人付き合いが苦手という人もいるかもしれませんが、そういった人は個室でゆっくりと過ごすことも可能です。交流を持たずにひたすら免許取得に励むのも自由ですので、各自が好き好きに過ごせます。

合宿免許は近場にレジャーや観光施設などがあることも多く、自由時間には出会った仲間たちと遊びに行くといった楽しみも持てるでしょう。グルメやショッピング、レジャーの体験で、まるで旅行にきたような気分に浸れます。とはいえ、自由時間があまりないスケジュールになっていることがあったり、門限が決められていたりすることもあります。目的はあくまでも免許取得ですので、遊びの時間はおまけ程度に考えておきましょう。

約2週間の合宿生活がデメリットにも

デメリットとしては約2週間という期間を、合宿で過ごさなければいけないことです。基本的には特別な事情でもなければ、一旦自宅に帰るといったことができませんので、缶詰生活に耐える必要があります。中には、ホームシックになって帰りたく人もいるようです。学科や実技が詰め込まれた過密なスケジュールもこなす必要があるため、それなりの苦労が伴う生活となり得るでしょう。他にも、合宿期間を過ごせるだけの時間的猶予が必要になるのもデメリットと言えます。まとまった時間がなければそもそも参加をすることができないコースで、利用できる人が限られます。その場合は通学コース一択となり、地道に通いながら免許取得をしなければいけません。

新着記事