花言葉

日本人の多くが愛するユリには、どのような花言葉があるのでしょうか。ユリを愛する人たちにプレゼントするとき、花言葉も同時に添えてみてはいかがでしょうか。

ユリにはいろいろな色があり、花言葉にもそれぞれ違いがあります。

【ユリの花言葉】

ユリの花言葉には、純粋・無垢・威厳と言ったものがあります。いまでは、いろいろな色のユリがありますが、花言葉としてユリといえば白いユリに対してつけられた花言葉です。

そもそも、純粋・無垢・威厳という言葉は、「白」というもののイメージの意味に近いですよね。 日本で白いユリといえば、ニワシロユリのことで、別名をマドンナリリーと言います。マドンナとは、聖母マリアのことを指しています。キリスト教では、白いユリは、聖母マリアに捧げる花です。

エル・グレコの名画「受胎告知」という絵画においても、聖母マリアの前には、マドンナリリーを持った大天使ガブリエルが舞い降りる姿が描かれています。

このようなお話しを知っていると、より白いユリに対しても向きあい方も変わってくるのではないでしょうか。ユリがお部屋にあるだけでも、何か神聖な雰囲気が漂ってくるのも間違いありません。

【ピンクのユリ】

実際にユリといえば、昔は、白いユリをほとんどの人たちがイメージしたでしょう。次第にユリは、園芸で楽しむ様に品種改良されて、目で楽しむことができるいろいろなものが登場して来ます。 日本では山に自生するヤマユリなどオレンジのユリは存在していたようですが。

ピンク、そして、赤いユリには、「虚栄心」と「上品」という花言葉があります。 キリストの磔刑が決まったとき、多くの花々は、残酷な運命に首を垂れていたのですが、ユリだけは自身の美しさがきっと慰めになるだろうということを信じて、誇らしげに頭を上げていたと言います。 しかし、ユリは、キリストに見つめられたとき、すぐにその思い上がりの気持ちに気付くことになり、赤くなり首をうなだれたと言います。

【オレンジのユリ】

オレンジのユリには、「華麗」「愉快」「軽卒」、そして黄色いユリには、「偽り」「陽気」「飾らぬ美」「荘厳」「陽気」と言った花言葉があります。

ユリの花言葉の面白い点は、いい意味と悪い意味が共存しているような点です。そのような意味では、ユリをプレゼントする時は、花言葉をあなたの口からしっかり伝えた方がいいでしょう。

そして、白い百合の花束を枕花として考える方も多くいますので、結婚式以外のお祝いの時には色々な色と混ぜて華やかにしたほうがいいでしょう。